夫の協力

EA027_L

夫婦と住いうまでもなく”夫と妻”で成り立っているコンビである。妊娠を願って妻が何ヵ月も治療に通っているとき、夫の側は、実にさまざまな対応ぶりをみせるものだ。
A子さんの夫は、十カ月目に初めて顔をみせた。あいさつ抜きで、「いったい、どないなってますねン」と、かみつくように言う。
検査に四カ月、治療に半年少々。それで早くもシピレを切らしたのだ。
「カゼや腹痛の治療とはわけが違います。じっくり長い目で見守ってくださいよ」。こんなときは、そう答えるしかない。
B子さんが診療について、持って回ったような質問を私にするようになったのは半年目である。その質問の内容が中途半端だったり、アヤフヤなことが多い。
よく聞いてみると、すべてご主人の差しがね。つまり、いい加減な医学的知識をどこからか仕込んできてはB子さんに吹きこみ、私の診療に疑問をさしはさむ役割を果たしていたのだ。
これじゃ時間ばかりかかるうえ、B子さん自身の精神衛生上、大マイナスである。
卵管が詰まっている。手術するほかに手はない。そう決まると、たいていのご主人がやってくる。大半が初対面だ。もう一度、一から説明してくれと必ず注文がつく。だが、ご安心なさい。待ち望んでいた子どもができて不幸になるはずがない。第一、ご主人の生活パターンが一変しますよ。
夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。

「女房が痛い目しますんや。手術する以上は、必ず妊娠すると保証してもらわなければ・・・」
こんな〃条件″を持ち出したのは、C子さんの夫だった。

出典:安心出来る 出会系